Enjoy!America

アメリカ留学帯同駐在妻生活と旅行とカメラのこと。

MENU view raw

【スポンサーリンク】

英語ができない駐在妻がなんとか話せるようになった英語上達方法

こんばんは~、アメリカ在住駐在妻のなつです。

タイトルの通り

 

私は英語ができません。

 

いわゆるテストでは点数取れるけど、しゃべれない典型的な日本人です。

大学入学後、それらしい英語学習をしておらず、いちグローバル企業社員であるにも関わらずも全く英語を使わない国内営業。。。酒ばかりが強くなる一方で英語からは遠ざかる日々

 

今回主人のアメリカへの留学が決まり、帯同に当たってかなり焦りました。だって本当に話せないから!それと同時に英語を克服するいいチャンスだとも思い、約1年いろいろと考えながら暮らしてきました。

 

今、最初なーーーーーんにも話せず、Helloをこんにちはで返してしまったくらいでしたが、なんとか日常会話はできるようになってきました。

今日はまだまだではありますが、英会話上達に効果があったもの、なかったものについて書いていきたいと思います。

 

効果があった英語学習方法

 

ネット英会話(DMM英会話、レアジョブ)

いきなりネットーーーー!と思われた方、はいそうです(笑)

これは学生帯同ビザできている駐在妻特有かもしれませんが、働けないので、毎日学校等があるものの、自分から英語をアウトプットしている時間って案外短いんです。

クラスにはおしゃべり大好きな他の国の子が多く、喋るより聞き役に回ることが多かったり。

もちろん1日家にいることもあったり、、気付けばアメリカにいるのに日本語しかはなしてない。。なんて人もいるんじゃないでしょうか?

 そんな時に助けになったのがネット英会話のレアジョブとDMM英会話です。レアジョブは1年、DMM英会話ははじめて1か月になります。

 どんなところが良いかというと

 

★とにかくアウトプットができる

ネイティブと話すと聞き役になりがち、、、ネット英会話では講師が質問をどんどんしてくれて自分から長い時間話すのはとてもいい勉強になります。

 

★自分の英語をなおしてくれる

語学交換ならまだしも、他の国の友人と話してもお互い意図が通じれば大丈夫。ってなるので、正しい英語になおしてもらえる機会って案外少ないです。

 

★毎日英語を話すことに意味がある

一時帰国した際、約1か月くらい英語と離れたら途端にすらすら出てこなくなりました。毎日英語にふれるって大事だなと思います。

 

特に私はDMM英会話が気に入っています!!

DMMの講師は総じて質が高いです。もちろんレアジョブにもお世話になりましたが、講師の質はDMMの方が高いと思いました。ただ、お値段的にはレアジョブの方がお得かな。両者とも良い先生を見つけてブックマークが大事です。

 

はじめて外国に住んで、自分の英語が通じなくて最初はすごくショックでした。そんなとき、毎晩ネット英会話の先生に、話を聞いてもらって、ネット英会話で練習して、実際の生活で実践するというスタイルが私にはすごくあっていました。

 

日本にいる方も毎日25分。ネット英会話するだけで全然変わると思います!!

それこそ、某米国有名大学MBAの卒業生の方もネット英会話で英語が上達したと言っていましたよ。

 

 

②語学交換(Language Exchenge)をする

 アメリカでネイティブの友達が出来ました。その子は日本語を学んでいる子で、ふたりでお互いの母国語を教えあいながらお茶をするのが定番です。

これがとても良かったのです!

お子さんがいる方はお子さんの話題があるかもしれませんが、子なし駐在妻ははじめてあった外国の方と共通の話題を見つけ、長々と英語で会話をするのは結構大変。

語学交換ならそんなことはありません、かつ相互にWINWINの関係がいいですよね。

日本にいても語学交換の相手が探せるアプリがありますよ。

Hello Talk、Lext Talkなどです。

私はHelloTalkで実際に友達になって、テキスト友達としてメッセージ交換している子もいますよ。英語で文書を書く練習になっていいです。

 

効果が感じられなかった英語学習方法

 

対面型英会話(週1回)

 

アメリカに来る前3ヶ月間、某イギリス系大手英会話教室に週1で通っていました。しかし、英語に全く慣れることなく終わり、渡米しました。やってみて気づいたこと。

 

対面型の週に数回の英会話は、英語上級者向けであることを。

 

英語初級者であった私は、簡単なフレーズでさえすらすらでてこない、いわば英語慣れしていない状況。そうすると1週間に1時間のレッスンの最後の方にかすかに英語慣れしてきたな?と思ったところでレッスン終了となり、翌週にはリセットされています(笑)

通い型は料金もすごく高いところが多いのに、これではもったいないなと思いました。

発音を直してもらう、言い回しを変えてもらう等英語上級者は大いに英会話を活用できると思いましたが

英語初級者はその効果はなかなか得られないのではないかなと思いました。

 

フレーズ暗唱型テキスト勉強

 

巷で出回っているフレーズ暗唱型勉強法。正直に言います。これで英語がうまくなる人は、他の方法でも並行して努力していると思います。

英語が少し話せるようになって気づいたのですが、日本語から英語に変換して喋るのではなくて、英語で考えて英語を頭で並べながら喋ってるなと思いました。

なので、日本語から英語に変換する作業をこなしても、その後の発展に繋がりにくいんじゃないかなと。

文法も英語を頭で並べながら考えると言うか。。これは日本の英語学習方法じゃあなかなか身につかなそうです。

中学生の基礎文法とある程度の単語力(私はターゲット1900)と話す訓練をすれば、ペラペラとまではいかないものの、意思を伝えたり、会話をすることはできるようになるんじゃないかと思います。

私はまだペラペラではないので、いわゆるネイティブみたいになるにはどうすればいいかわかりません(笑)けどペラペラじゃなくても生活や学校に行くことは可能です!

 

 

 お気づきかもしれませんが、ネット英会話と語学交換なら日本にいながらでもできます。

駐在妻ってやっぱり完全なる語学留学生ではないから、完全英語生活ってなかなか難しいのです。

毎日英語のテレビを見ていますが、急に聞けるようになる。とかないです。耳は多少慣れますが、慣れると理解できるは違うので。

こつこつとしゃべる練習をしていくしかないのです。

アメリカで暮らすこと、文化も人も違い、本当に毎日楽しい日々ですが

こと語学で言うならば日本にいてもやれることはあるなぁと思いました

 

日本にいる間にネット英会話等で英語中級くらいになっておいて留学したら

それはそれは楽しい日々を送れると思いますよ!!

これから英語圏に転勤される方、英語コンプレックスを抱えている方の参考になったらうれしいです。